メンズ

支出を見直そう|保険相談サービスならランキングサイトで探すべし

もしもの備えはお手軽に

ウーマン

外出時の味方になります

車を運転する人は、自動車保険に加入します。任意ですが、万が一の備えとして入っておくべき保険です。自動車保険はドライバーの等級によって、保険料が大きく変わります。若年者や、事故や違反の常習者等は保険料が高いです。また、最近はカーシェアリングの普及に伴い、車が必要な時だけ利用するスタイルが定着しています。その影響から、短期の自動車保険が好まれています。短期の自動車保険にも種類があり、1日自動車保険やドライバー保険がメジャーです。他にも他人の自動車保険を利用したり、通常の自動車保険を分割にして、1ヶ月で解約する方法等もあります。1日自動車保険は500円で加入でき、スマートフォンやコンビニで24時間申し込み可能です。7日が上限で、更新することで継続できます。一定日数無事故無違反の実績があれば、新規で自動車保険に加入した際に、割引を受けられます。等級制度もなく、気軽に入れる短期保険です。フィーチャーフォンや格安スマホを除く端末であれば、キャリア決済ができ、よりスムーズです。人身補償は付いていない為、もしもの時に自己負担が発生する可能性があります。それに対して、ドライバー保険は、対人や対物における賠償が補償され、自己負担はほとんどありません。補償車種の範囲も広く、普通車から2トントラック、さらにはバイクまで対応しています。利用は他人の車を運転する時に限られ、家族や同居親族、あるいは会社名義の車には適用できません。また、ドライバー保険には等級制度があり、事故や違反の実績があると、次回からの保険料に反映されます。短期の自動車保険は、場面や状況に応じて選ぶと良いです。